車買取の摩訶不思議
ホーム > 介護 > インドネシアで買ったサンダル

インドネシアで買ったサンダル

インドネシアで買った可愛いサンダルのお話をします。

ビーズ装飾とスパンコールなどが細かく配置されている美しいサンダルです。

更に言うと、ハンドメイド!

 

それなのにお値段はなんと凡そ日本円で1000円…!

安さに秘密は…

もちろんあります!

 

初めて履いたその日に三枚に降ろされてしまいました。

いきなり魚の話に飛んだ?!と思うでしょうけど、これはサンダルの話なのです。

 

靴底、靴のクッション、装飾部分ときれいにパッカリ別れたのです。

時間でいえば実際、2時間の命でした。

 

本当に細かな装飾で紫をベースにした綺麗な色遣いで、すぐ壊れるという事がとても惜しく感じます。

 

日本だったら職人の手作りといえば長持ちするものなのですが…

インドネシアは逆に壊れやすいようです。

というか、日本製品に比べてとても壊れやすいです…。

日本の技術は凄いなぁ〜と改めて痛感しました。

 

そんなことを言っていたらインドネシアからたくさんの介護士を目指している外国人が来ることになりました。

 

言葉もろくに通じない・・・。

 

利用者さんはとても不安だろうと思います。

 

自分が介護を受けているならなおさら怖いと思ってしまいました。

しかし利用者のなかにインドネシアのご主人がいる利用者さんがいて通訳になりました。

 

外国人がたくさんいる介護施設。

なかなか面白いです。

 

参考サイト

 

http://ameblo.jp/taikenndiary/entry-12189027573.html